企業がストレスチェックを導入

  • ストレスチェックとはどのようなものなのか

    • 近年、職場における労働者への精神面のケアの必要性から、労働者がどの程度のストレスを持っているかチェックする「ストレスチェック」が義務化されつつある。
      これは、労働者の負担軽減という目的の他に仕事の効率化を図る上でも欠かせないものになってきている。

      そもそも、ストレスチェックとは、定期的に労働者に対してストレスの状況について検査を行い、労働者のストレス軽減はもちろん、事業者側にもその根本的な問題を解決するよう求めるものです。


      予防法としては大きくストレスの段階に応じて3パターンに分けられます。
      予防法はいくつかありますが、メンタルヘルス不調を事前に予防するというものは、「一次予防」と呼ばれます。


      これは本人がストレスを自覚し、他人の協力を得て対処します。

      他にはは早めにメンタルヘルス不調に気が付き、それに合った対処をする「二次予防」があります。

      もう一つは、メンタルヘルス不調により職場にいられなくなってしまった人たちを支援し、職場復帰を目指す「三時予防」です。ストレスチェックを実施するにあたって気を付けなければならないことは、回答内容を他人に知られないようプライバシーに配慮した対策をすることが必須であるということです。

      本人の本当の考えを知るためには対策が欠かせない問題です。

      ストレスチェックの情報が満載です。

      他にも、正確な記録を取るには長期間にわたって続けなければなりません。

      日経メディカルを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      また、メンタルに精通した医師がいると良いとされており、効果的なストレスチェックをしようと思えば必用になっていくでしょう。



top